• 事業所の規模に応じたタイムレコーダー

    • 一般的な事業所において勤怠管理のためにタイムレコーダーを設置するのは基本的な対応です。

      タイムカードに時刻を打ち込むために必要なのがタイムレコーダーであり、多くの事業所が導入しています。



      100人程度までであればタイムカードに勝る勤怠管理の方法はないと言えるほど便利なオフィス向けのツールとして定着しています。

      goo ニュース情報はこのサイトにおまかせ下さい。

      最も安価に購入することができるエントリーモデルは専用のタイムカードを使用することで時刻を打ち込むことができる機能を持つタイムレコーダーです。

      人数が少ない場合にはこのようなモデルでも問題なく勤怠管理を行うことができます。
      しかしながら人数が多くなるに従ってひとりひとり別々のカードを使って完治すると言う事が煩雑になってしまう場合もあります。

      人数が多くなったときに困るのが検索性の低さであり、管理対象となる人数が多くなる場合にはデータで扱う必要性が生じるのです。

      一般的なタイムレコーダーの中でも上位モデルになるとない分眠りを装備しておりExcel等の形式でデータを吐き出すことができる種類のレコーダーも販売されています。


      このような仕組みのモデルを採用することにより、必要な場合にはデータとして取り出すことができる仕組みも存在しているのです。


      このような機能生かすことにより、小規模事業所から中規模事業所まで幅広く対応することができるのがタイムレコーダーの特徴であるといえます。


      このような魅力的なオフィス向けのツールが販売されています。



  • 驚く情報

    • タイムレコーダーの役割とその展望

      タイムレコーダーは主に企業で働く人の出勤した日付、出勤時刻、退社時刻を記録する為に利用されています。性能が良いものには、労働時間や時間給計算などを人に代わって計算してくれるものもあります。...

  • 技術について思うこと

    • タイムカードで勤怠管理をする

      昔の企業は9時から5時までというのがほとんどでした。もちろん残業はありましたが、人数も少ないですし、残業する日数も少ないので管理は簡単でした。...

  • 身に付けたい知識・技術の補足説明

    • タイムカードでの勤怠管理のメリット

      企業における勤怠管理の仕組みには様々な種類のものがあります。出勤時間と退勤時間をしっかりと管理したいのであればタイムカードを利用するというのが最も一般的な方法であるといえます。...

    • タイムカードによる勤怠管理

      アルバイト、派遣等、それ以外の正社員の人でも、勤怠管理というのは大切なことです。また、実際、その人が遅刻をしているのか、ちゃんとした時刻に来ているのかというのを確実に証明するには、やはりタイムカードが必要でしょう。...