• タイムレコーダーの役割とその展望

    タイムレコーダーは主に企業で働く人の出勤した日付、出勤時刻、退社時刻を記録する為に利用されています。

    今、注目のタイムカードの勤怠管理で快適な暮らしを実現しましょう。

    性能が良いものには、労働時間や時間給計算などを人に代わって計算してくれるものもあります。

    口コミ評判の高いYOMIURI ONLINE関しての情報探しを行うならネットが便利です。

    使用方法は、出勤した日付、出勤時刻、退社時刻を記録するための用紙「タイムカード」という紙製のカードを、タイムレコーダーに挿入します。
    挿入すると、挿入したその時間がその場で印字され、出勤、退社の時刻がわかるようになっています。

    それにより、労働者一人一人の1か月分の勤怠情報を管理することができます。


    タイムレコーダーは、前面の目立つ位置にアナログ・デジタルどちらかの時計が設置されていて、その時計が指している時刻をプリントする仕組みになっています。
    機械の上部または前面に出勤・退社などの押しボタンがあり、出勤や退社する際に該当ボタンを押した後にタイムカードを挿入して使用します。

    出勤・退社管理以外にタイムレコーダーは、運輸業界では、荷物の集配時刻管理に、パーキングエリアなどでは、使用時間・駐車料金を計算するシステムに利用されています。

    また、一部企業では社員証として、一部大学では学生証と一体化して授業の出欠確認として利用されています。


    最近では、タイムカードの代わりに、指紋や声帯などで個人照合して時間管理をできるように研究開発されています。
    手作業で時間管理をしなくても済むタイムレコーダーが次々に開発されてきていますので、企業側も出勤・退社管理の手間をさらに省くことができるようになってきています。