• タイムカードによる勤怠管理

    アルバイト、派遣等、それ以外の正社員の人でも、勤怠管理というのは大切なことです。
    また、実際、その人が遅刻をしているのか、ちゃんとした時刻に来ているのかというのを確実に証明するには、やはりタイムカードが必要でしょう。


    それこそが、その人がその時間に働き始めた、終わった、ということの証明になるのです。

    タイムカードと言うのは、その人が出勤したときに機械に挿入するものです。
    そうすると、カードに日にちと時刻が印字されます。

    勤怠管理システムに興味ある方、必見です。

    また、その人が途中で体調不良になった時にも途中でタイムカードに処理を行い、通常ですと上司のサインやハンコを押して、イレギュラーではあるけれども、きちんとした勤怠管理がなされているという証明になっています。


    そして、通常ならば、出勤の時機械に挿入して、退勤の時にも機会に挿入して、専用のカード入れにおいて、次の勤務の際に同じように利用します。

    日本経済新聞について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

    このカードが一番利用されるのは、それぞれの会社で決められている、給料日になって(一例として月末)新しいカードになる時です。


    その時になると、古いタイムカードは事務・経理の人がそれらを集めて勤怠管理上、誤りが無いかチェックをして、パソコンで打ち込み、その人その人の、その月の給料明細を作り出します。

    また、これをもとにして、働いた人へのお給料がふりこまれる仕組みになっています。



    勤怠管理が正確に行われているかの確認。

    それを簡単にできるものとして、タイムカードというものは存在します。