• タイムカードで勤怠管理をする

    昔の企業は9時から5時までというのがほとんどでした。

    勤怠管理システムの人気を今すぐチェックしよう。

    もちろん残業はありましたが、人数も少ないですし、残業する日数も少ないので管理は簡単でした。


    しかし、日本の高度成長とともに会社で働く従業員は増えて、1カ月の勤怠管理ができなくなってきました。そこで、出てきたのがタイムカードです。出社した時間と退社した時間をタイムカードに機械式に打刻します。

    それを毎日続け、1カ月後に回収します。

    朝日新聞デジタルはとにかくお勧めです。

    退社と出社した時間の差が労働時間になります。



    その労働時間を集計することで1カ月の給与反映させます。


    社員がどれだけ働き、どれだけ残業したかは、1カ月経てばわかることです。
    これが、従来のタイムカードのシステムです。

    給与計算を目的としたシステムとしてはこのシステムは十分です。
    しかし、勤怠管理となると1ヵ月後しか社員の勤怠が管理できないのは、現在の勤怠管理としては不十分です。
    それは、近年の残業時間の多さによるうつ病、自殺など企業による社員の労働時間の問題があるからです。


    社員がどれだけ働いたか、1ヵ月後にわかるのは対処が1カ月遅れるということになります。
    近年の求められている勤怠管理としては日時レベルでの社員の労働時間の把握です。

    そのため、専用の勤怠管理システムを構築したり、インターネットなどを利用したシステムを導入して日々の管理をする企業が増えてます。
    社会問題となり政府も過労死を問題視していますし、社員の過労死による大企業のトップの引責辞任もあります。会社としては取り組まなくてはいけない重要な課題になってきています。